文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 民俗文化財 > 民俗文化財~有形民俗文化財~

ここから本文です。

更新日:2014年9月30日

民俗文化財~有形民俗文化財~

入善の糸あやつり人形

入善には古くから「茄子人形」といって、茄子などで簡単な人形を造り、芝居を演じていた人たちがおり、これが文化のころ(1804~18)には、勾欄(てすり)人形へと進歩していきました。
ちょうどそのころ大坂の藤井長之助糸あやつり人形の一行が、入善を通過の際、西米沢家で一幕を演じました。これが縁で勾欄人形は次第にすたれていき、反対にあやつり人形の技が入善に定着、入善の糸人形となりました。
文政3年(1820)に魚津の角川で、慶応2年(1866)には岩瀬で興行するなど大変な人気で、寺町北端(清八楼付近)にあった入善神社の秋祭りの仮小屋公演も、明治3年に前口5間・奥行4間の常設館が建築されました。しかし、24年の大雪で倒壊、翌年の公演が最後となりました。
文政のころは糸人形と呼ばれ、現在の分類で「手板式糸あやつり人形」とされる方式としては、現存する最古の人形です。手板と共に揃っている武田勝頼人形の完体1躯、その他1躯、首19点が町文化財に指定され保存されている。

入善町入膳3200(文化資料館)
あいの風とやま鉄道入善駅下車 徒歩7分

お問い合わせ

教育委員会事務局男女共同参画・文化係

電話番号:0765-72-3858

ファクス番号:0765-74-2108

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?