文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 郷土の偉人 > 米澤紋三郎

ここから本文です。

更新日:2017年6月13日

米澤 紋三郎

mon

米澤紋三郎は、安政4年(1857)、入善町の大地主米澤家の次男として生まれる。幼名は、随作。富山藩の儒者岡田呉陽の塾に学び、17歳にしてその塾頭となる。西米澤家の養子となっていたが、明治14年(1881)1月、兄の8代目紋三郎の急逝により、復籍。9代目紋三郎として家督を継ぐ。

紋三郎は、精魂を傾けて「分県之建白」を起草。同年9月、入江直友とともに上京、岩倉具視、山縣有朋、山田顕義らの政府要人に粘り強く陳情を重ねた。その結果、明治16年(1883)5月9日、太政官達が発せられ石川県からの分県が決定し、富山県が誕生した。

県内屈指の豪農であった米澤家ではあるが、県政界のリーダーとして分県運動などに多額の私財を費やしたため家政が傾き、明治20年(1887)に紋三郎は、負債整理のため一時公務を辞した。しかし、その後、明治36年(1903)には、衆議院議員に最高点で当選を果たすなど、国政にも参加した。

富山県の生みの親として県政に尽くした功績は大きく、永く県民の讃えるところである。

 

お問い合わせ

教育委員会事務局男女共同参画・文化係

電話番号:0765-72-3858

ファクス番号:0765-74-2108

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?