文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 施設案内 > 自然など > 杉沢の沢スギ > 感謝!『沢スギお助け隊』(平成28年度活動報告)

ここから本文です。

更新日:2017年3月13日

平成28年度『沢スギお助け隊』 活動報告

3月5日(日)および12日(日)に国指定天然記念物「杉沢の沢スギ」で

『沢スギお助け隊』の隊員として清掃活動をしていただくボランティアを募集したところ、

大変多くの方々にご参加いただきました。 誠にありがとうございました。

活動にご参加くださった方も、来られなかった方も、沢スギお助け隊隊員として、

これからも杉沢の沢スギを温かくお見守りくださいますようお願いいたします。

 

 

以下、平成28年度の活動報告です。

 

 

活動経緯

昔は、スンバ(スギ葉)の生活的利用価値が高かったことから、

杉沢の沢スギ(以下、「沢スギ」。)では、スンバ拾いが行われ、

自然と清掃がされていましたが、人々の生活様式が変わり、

利用価値がなくなったため、誰もスンバを拾わなくなりました。

 

スンバは、腐葉土化しにくいため、地面や植物の葉等に堆積すると、日光を遮り、

植物の生育や発芽に影響を及ぼすことから、定期的な清掃活動が必要となりました。

 

そこで、町では毎年、春の芽吹きの季節を前に、沢スギで清掃活動をいただくボランティア

「沢スギお助け隊」を募集し、定期的な清掃活動を行っています。

 

活動報告

  • 事業名  平成28年度杉沢の沢スギ環境整備事業(スギ葉拾い)

            ― 沢スギお助け隊 ―

  •   日  第1回:平成2935日(

            第2回:平成29312日(

  •   間  午前9時~午前11時頃まで
  • 場  所  杉沢の沢スギ
  • 結  果

     ① 3月5日(日)…隊員数(参加者) 50名、拾ったスンバ等の総重量 1.5t

     ② 3月12日(日)…隊員数(参加者) 40名、拾ったスンバ等の総重量 2.0t

  

 状況写真

①活動前の体操の様子

みら~れテレビでお馴染みの「お助け隊隊長WADA(教育委員会事務局 和田主任)」の

掛け声のもと、全員が元気よく体操しました。

 

②隊員による活動の様子

  

学生の参加も多くあり、参加者の最年少は3歳でした。(新記録)

町内外、遠くアメリカから参加された方(入善町のALT)もおられました。

 

③活動の成果

  

きれいになったことで、植物達が心なしかイキイキとしていました。

 

  

集まったスンバは人の背丈を超えるほど山になりました。

※注 写真は3月5日の1回分で出たスンバの山です。

 

④参加者に配布した「助かる茶」

活動後は、自然館周辺でお汁粉やお茶を味わい、隊員相互の理解を深めました。

 

お知らせ

隊員の活動により、きれいになった沢スギで、高校生によるガイドツアーを開催します。

地元の入善高等学校生が、沢スギを訪れた方々とともに林内を巡り、植物や見どころなどを解説します。

 

毎年恒例となっているこのツアーは、高校生によるガイドが「初々しい」と評判です。

何度も訪れている方も、初めて訪れる方も、ぜひ沢スギにお越しください!

 

 

  • 事業名  平成29年度沢スギガイドツアー
  • 日  時  平成29423日() 午前の部 午前10時~(午前11時頃受付終了)

                            午後の部 午後1時~(午後2時頃受付終了)

  • 場  所  杉沢の沢スギ(〒939-0674 入善町吉原950番地)
  • その他  ガイド料は無料、事前予約は不要ですが、ガイドできる時間に限りがございます。

 

〇昨年の様子

  

 

お問い合わせ

教育委員会事務局男女共同参画・文化係

電話番号:0765-72-1100

ファクス番号:0765-74-2790

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?