文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 流行疾患 > 感染性胃腸炎

ここから本文です。

更新日:2014年9月30日

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎の流行は、毎年12月中旬頃にピークとなる傾向にあります。

しかし、本年は1月に入っても、流行が続いています。また、全国各地で感染性胃腸炎を疑う集団発生が多発していることから、感染性胃腸炎の予防対策を徹底し、感染を防ぎましょう。

感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎とは、ウイルスや細菌、寄生虫が原因となり起こる胃腸炎の総称です。

冬場の感染性胃腸炎は、ほとんどがウイルス性で、中でもノロウイルスの占める割合が高くなります。

症状

1~2日の潜伏期間を経て、発症します。主な症状は、吐き気・嘔吐、下痢、腹痛、軽度の発熱(微熱)です(症状の程度には個人差があります)。通常、これらの症状が1~2日続いたあと、治癒することがほとんどです。

しかし、お子さんや高齢者は重症化する恐れがありますので、一層の注意が必要となります。

原因と感染経路

ノロウイルスなどのウイルスが、人の手や食品などを介して、口に入ることで感染する可能性があります。(経口感染)

ノロウイルスはほとんどが、経口感染で、次のような感染経路があります。

  • (1)感染した人の便や嘔吐物から人の手などを介して、ウイルスが口に入った場合
  • (2)便や嘔吐物が乾燥して舞い上がり、そのウイルスを吸い込み、体内に取り込んだ場合
  • (3)感染した人が十分に手を洗わずに、調理した食品を食べた場合
  • (4)ノロウイルスを体内に残したままのカキやシジミなどの二枚貝を、生あるいは十分に加熱処理せずに食べた場合

感染性胃腸炎の治療

現在、感染性胃腸炎を引き起こすウイルスに効果のある薬はありません。そのため、症状を軽減するための処置(対症療法)が行われます。症状が疑われる場合には、早めに医療機関を受診し、適切な治療を受けましょう。

下痢や嘔吐により、脱水症状を起こし、体力を消耗することがあります。十分に水分と栄養を補給し、安静にしましょう。

また、高齢者は嘔吐物が気管に入り、肺炎や窒息が起こる可能性があるため、体調の変化に注意しましょう。

※下痢止め薬は、ウイルス等を体内にとどめ、病気の回復を遅らせることがあります。自己判断で使用しないようにしましょう。

予防のポイント

1.手洗いの徹底

手洗いのタイミング

  • トイレ使用後
  • 調理の前
  • 食事の前

石けんと流水での手洗いをし、ウイルスを洗い流しましょう。

手洗いは2回繰り返すことにより、より効果が期待されます。

汚れの残りやすいところ

  • 指先、爪の間
  • 指の間、親指の周り
  • 手首

汚れの残りやすい部分を意識して、丁寧に手洗いをしましょう。

30秒~60秒程度、時間をかけて手洗いをしましょう。

※手洗いを繰り返すことにより、手先が乾燥し、手荒れが引き起こされることがあります。手に傷ができると、その部分から感染が広がる可能性がありますので、手洗いと同時に、ハンドクリーム等で手先の保湿を行いましょう。

2.食品の取り扱いに注意

  • ウイルスに汚染されている可能性のある食品(特に魚介類、二枚貝など)は、十分に加熱しましょう。(中心温度85℃で90秒以上の加熱が有効とされています)
  • 調理器具などの洗浄・消毒を徹底しましょう。
    ※まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効とされています。調理前に、調理器具に熱湯(85℃以上)をかけるなどが手軽な方法です。
  • 生で食べる食品(野菜、果物等)は、十分に洗浄してから食べましょう。
  • 調理をする方は、健康管理に注意し、感染性胃腸炎を疑う症状(下痢・嘔吐等)がある場合は、感染を防ぐためにも、調理を行わず、医療機関へ受診しましょう。

3.嘔吐物の処理には、最新の注意を払いましょう

  • 嘔吐物・排泄物に触れる際には、手袋・マスクを着用し、嘔吐物・排泄物に含まれるウイルスや細菌に感染しないようにしましょう。
  • 室内で吐いた場合には、部屋の換気を十分に行い、感染を防ぎましょう。症状のある人は、入浴の際、湯船に浸からず、シャワーで済ませ、家族等に感染を広めないように気をつけましょう。
  • 嘔吐物・排泄物の触れた場所は、塩素系消毒液(台所用漂白剤)で消毒をしましょう。

お問い合わせ先

入善町保健センター(健康交流プラザ サンウェル内)
住所:入善町上野2793-1
電話:72-0343

お問い合わせ

健康福祉課保健センター

電話番号:0765-72-0343

ファクス番号:0765-72-5082

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?