文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 助成 > 高額の医療費がかかったとき

ここから本文です。

更新日:2014年11月1日

高額の医療費がかかったとき

国民健康保険の加入者が、医療費を1ヶ月に一定額以上負担したとき、限度額を超えた分が申請により払い戻されます。(平成27年1月1日より70歳未満の所得区分が細分化されます)

自己負担限度額(月額) 70歳未満の場合 (平成27年1月1日から)

所得区分

3回目まで

4回目以降※2

          区分ア

     世帯所得901万円超

252,600円+(医療費が842,000円を超えた場合は、

その超えた分の1%)

140.100円

          区分イ

世帯所得600万円超~901万円以下

167,400円+(医療費が558,000円を超えた場合は、

その超えた分の1%)

93,000円

          区分ウ 

世帯所得210万円超~600万円以下

80,100円+(医療費が267,000円を超えた場合は、

その超えた分の1%)

44,400円

          区分エ

    世帯所得210万円以下

57,600円

44,400円

          区分オ

      住民税非課税世帯

35,400円

24,600円

※1世帯所得は総所得金額等から基礎控除を引いた額の合計です。

※2過去12ヶ月間に、1つの世帯での支給が4回以上あった場合は、4回目以降の限度額を超えた分が支給されます。

自己負担限度額(月額) 70歳未満の場合 (平成26年12月31日まで)

所得区分

3回目まで

4回目以降※2

一般

80,100円+(医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1%)

44,400円

上位所得者

150,000円+(医療費が500,000円を超えた場合は、その超えた分の1%)

83,400円

住民税非課税世帯

35,400円

24,600円

※1上位所得者とは基礎控除後の総所得金額等が600万円を超える世帯に当たります。

※2過去12ヶ月間に、1つの世帯での支給が4回以上あった場合は、4回目以降の限度額を超えた分が支給されます。

自己負担限度額の計算の仕方

  1. 入院・通院・歯科は分けて計算する。
  2. 入院時の食事代や差額ベッド代など保険診療以外の費用は対象としません。

必要書類:高額に該当する領収書、認印、郵便局以外の振り込み希望の金融機関の口座番号

お問い合わせ

健康福祉課医療保険係

電話番号:0765-72-1850

ファクス番号:0765-74-0067

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?