文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 暮らし > 税金 > 町民税 > 平成21年10月より住民税の年金天引きが始まります

ここから本文です。

更新日:2014年9月30日

平成21年10月より住民税の年金天引きが始まります

年金を受給されており、住民税(町県民税)を納税していただいている人には、年4回、役場や金融機関の窓口で直接納めるか、口座振替により納めていただいています。
税制改正に伴い、年金より住民税を天引きする「特別徴収制度」が平成21年10月から始まります。この制度により、皆さんの納税の手間が省かれ、納め忘れもなくなります。

1.どんな制度ですか?

皆さんに支給される年金から、あらかじめ住民税を差し引いて支給する制度です。
差し引かれた住民税は、社会保険庁などの年金保険者から直接、町に納付されます。

2.対象となる人は?

4月1日現在で、前年中の年金所得にかかる住民税の納税義務がある65歳以上の人が対象になります。

次の人は対象になりません。

  • 住民税が非課税の人
  • 老齢基礎年金、老齢年金、退職年金などの合計額が年額18万円未満の人
  • 介護保険料が年金から引き落としされていない人
  • 年金より引き落としされる住民税の額が、老齢基礎年金などの額を超える人

3.対象となる年金は?

老齢基礎年金、老齢年金、退職年金などの公的な年金が引き落としの対象になります。
障害者年金や遺族年金などの非課税の年金からは引き落としされません。

4.年金のほかにも所得があるときは?

年金より引き落としされる住民税は、年金の所得額から計算した税額のみとなります。
給与所得や事業所得などのほかの所得額から計算した税額については、これまでどおり納付書(口座振替)で納めていただくことになります。

5.納め方はどうなるの?

平成21年10月支給分の年金から天引きが始まります。そのため平成21年度の住民税額のうち半分は、6月と8月にこれまでどおり納付書(口座振替)で納めていただきます。(下図参照)。
なお、住民税の年金からの特別徴収制度は、納税方法を変更するものであり、新たな税負担が生じるものではありません。
税額、納期などは、6月に送付された町県民税納税通知書でご確認ください。

住民税の年金天引きのイメージ

お問い合わせ

税務課住民税係

電話番号:0765-72-1835

ファクス番号:0765-74-0067

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?