文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民年金 > 届出 > 加入者が亡くなったとき

ここから本文です。

更新日:2017年8月1日

加入者が亡くなったとき

国民年金の加入者か、または国民年金に加入していたことがある人が亡くなったとき、遺族は、次のような年金や一時金を選択して受けることができます。

遺族基礎年金

国民年金に加入中か、または老齢基礎年金を受けられる資格期間(25年)を満たした人が亡くなった場合、亡くなった人に生計を維持されていた「子のある妻」または「子」に、18歳になる誕生日の属する年度末(3月31日)まで(1級・2級の障害の状態にある子の場合は20歳に達する月の分まで)支給されます。
ただし、死亡前の加入期間のうち、保険料に未納期間があるときは支給されない場合があります。

寡婦年金

老齢基礎年金を受けられる資格期間(10年)を満たした夫が年金を受けないで亡くなった場合、10年以上婚姻関係のあった妻に、60歳から65歳までの間支給されます。

死亡一時金

3年以上保険料を納めた人が、いずれの年金も受けずに亡くなった場合に支給されます。

お問い合わせ

住民環境課住民係

電話番号:0765-72-1816

ファクス番号:0765-74-2364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?