文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > まち・環境・防災 > 上下水道 > 水道 > 冬季間の水道管の保護

ここから本文です。

更新日:2014年9月30日

冬季間の水道管の保護

冬季間に水道管が凍結すると水が使えないだけでなく水道管の破損につながります。また、凍結防止のために水を出したままにすることは、不経済であり、貴重な水資源を無駄にすることになります。そのため必要に応じた水道管の保護が必要になります。

屋外配管は原則として土の中に埋設することとし、やむを得ない場合は保温材で適切な防寒措置を講じましょう。

なお、水道管が凍結したときは、直接火で暖めることは火災の危険があるので絶対に避けてください。お湯で暖めるときは凍結した管の外側を布等で覆いゆっくりとお湯を注ぎましょう。急激に熱湯をかけると給水用具を破損させることがあるので注意しましょう。

お問い合わせ

住まい・まちづくり課簡易水道・下水道係

電話番号:0765-72-3840

ファクス番号:0765-74-2108

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?