文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 制度の概要 > 後期高齢者医療制度について

ここから本文です。

更新日:2014年9月30日

後期高齢者医療制度について

平成20年4月から老人保健制度が「後期高齢者医療保険制度」に変わりました。

1.後期高齢者医療保険への加入

75歳以上の人と、障害認定により65歳以上75歳未満の人で申請した人は、後期高齢者医療保険に加入しています。

また、平成20年4月以降、新たに75歳になられる人は、誕生日の日から加入します。加入の際には特に手続きは必要ありません。(65歳以上75歳未満の人で障害認定を受けた人を除きます。)

これに伴い、新たな後期高齢者医療保険制度の被保険者証をお渡しします。

医療機関で診療を受ける場合は「後期高齢者医療被保険者証」を提示していただきます。

2.後期高齢者医療制度の給付

後期高齢者医療保険制度では、現行の保険制度や老人保険制度と同様に、現物給付(医療サービスの提供)と現金給付(医療費の支給)を行います。

また、受診の際これまでの老人保健制度と同様、一般の方が窓口で支払う自己負担の割合は1割となります。ただし、一定以上の所得を有する方(現役並み所得者)は3割となります。

3.後期高齢者医療保険制度の保険料

後期高齢者医療保険制度は、被保険者のみなさんに納めていただく医療保険料と、74歳までの保険制度(国保・社保)から出される支援金、そして税金(公費)を主な財源として運営されます。

そのため、平成20年4月以降、医療保険料の支払方法が原則として公的年金からの天引きに変わります。

公的年金からお支払いただく人は年額18万円以上の年金受給者で、原則として年金の定期支払(年6回)の際、介護保険料と同時に天引きされます。(特別徴収)

その他の人は、送付される納付書や口座振替で納めていただきます。(普通徴収)

4.新たな制度の運営は「富山県後期高齢者医療広域連合」(外部サイトへリンク)が行います

後期高齢者医療制度の運営は都道府県単位で行うため、富山県内にある全ての市町村が加入して「広域連合」を設立しました。皆さんがお住まいの市町村では、申請などの窓口業務と保険料の徴収業務を行います。

広域連合では、後期高齢者医療保険制度について下記のホームページで情報提供を行っています。ご利用ください。

富山県後期高齢者医療広域連合ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

税務課納税係

電話番号:0765-72-1833

ファクス番号:0765-74-0067

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?