文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 入善海洋深層水 > 知っ得!?海洋深層水 > その49 海洋深層水を使ったコンブ養殖!

  • よくあるご質問

ここから本文です。

更新日:2014年9月30日

NYUZEN DeepSeaWater【知っ得!?海洋深層水】

コンブ

【広報入善2006.01月号掲載】

その49 海洋深層水を使ったコンブ養殖!

入善漁業協同組合では、アワビを飼育した海洋深層水を再び利用し、「コンブの養殖」に取り組んでいます。養殖しているのはコンブの代表種「マコンブ」です。今回は、そのマコンブについて紹介します。

日本には、13種のコンブ属植物が分布していますが、そのほとんどが北海道の海域に生育しています。マコンブはコンブの代表格であり、津軽海峡西端から室蘭付近までの岩礁や小石上に生育しています。色は茶褐色で、長さも幅も大きく、長さ2~7m、幅20~30cmにもなり、ときには水深30m地点で生育するとの報告もあります。マコンブは高級品昆布で、「出し昆布」「塩昆布」「おぼろ昆布」などに使われます。

マコンブは、水温12~13℃を超えると枯れてしまうため、8~10℃程度の低水温に保つことが養殖の条件となります。そのため入善漁協では、海洋深層水の再利用時に、水温を7~8度程度に下げてコンブの養殖水槽に流れ込むようにしています。ミネラルが豊富で温度管理された海洋深層水の中で、コンブは日々順調に成長しています。さらに、昨年から入善漁協は、養殖しているアワビのえさにこのマコンブを与えることで、「深層水あわび」の付加価値を高めています。

お問い合わせ

キラキラ商工観光課水産・深層水係

電話番号:0765-72-3803

ファクス番号:0765-74-2108

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?