文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 都市交流 > 姉妹都市 > 宮城県登米市

ここから本文です。

更新日:2014年12月10日

宮城県登米市

登米市との交流

宮城県登米市(旧米山町)とは、平成14年11月に米山町制45周年記念式典において姉妹都市提携の仮調印を行い、翌年の平成15年10月に入善町制施行50周年を迎えたことを契機に姉妹都市提携を行いました。

 

昭和初期、登米市(旧米山町)に、入善町から多数の人たちが移住して、広漠たる原野を開墾し、全国に誇れる土地基盤を築き上げました。現在、その子孫の方々は同町で農業経営の中核的存在として活躍しています。このような中で、登米市(旧米山町)の入善町出身者で「入善町と友好を促進する会」を結成し、両町の友好親善が深まるよう米山町に働きかけをされました。

一方、両町はチューリップまつりを開催しています。登米市(旧米山町)では、「東北一のチューリップまつり」として既に10数年を数え、入善町でも「にゅうぜんフラワーロード」として開催しています。入善町は全国有数のチューリップの球根の産地として名高く、米山町がまつりに使用しているチューリップの球根には入善町産のものも多く含まれています。このように、両町の移住をきっかけとして親密な関係が根底にあり、また、米やチューリップといった共通項が多いことから、それぞれの特性を生かしながら行政、産業、経済、観光、教育、文化など各分野において交流をしていこうと姉妹都市提携を行いました。

以後、平成15年11月に登米市(旧米山町)の児童達が扇状地マラソンに参加をきっかけに、毎年、児童・生徒の交流が行われています。

お問い合わせ

教育委員会事務局男女共同参画・文化係

電話番号:0765-72-3858

ファクス番号:0765-74-2790

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?