文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 施設案内 > 自然など > 杉沢の沢スギ

ここから本文です。

更新日:2015年4月10日

杉沢の沢スギ

入善町吉原の海岸近くにスギの多い林があります。これが昭和48年8月4日国の天然記念物に指定された「杉沢の沢スギ」です。昭和44年頃には約45haあったといわれる沢スギの林も、圃場整備事業によりそのほとんどが水田へと姿を変えてしまいました。現在はわずか2.67haのみが保存され、全国でも珍しい平地の湧水地に生育する自然林として保護されています。林内の湧水は昭和60年3月28日に環境庁から「黒部川扇状地湧水群」として全国名水百選の一つに選定されました。林内は湧水や地下水の影響で冬でも暖かく、タブノキ、ユズリハ、カラタチバナなど暖かい地方の植物もたくさん生育しています。また、黒部川の氾濫により山から流されてきたと思われる、アケボノシュスラン、ノリウツギなど山地性の植物も見ることができます。またシダ類の種類も多く、暖地性の植物と山地性の植物が同時に見られる貴重な場所です。

施設情報

利用案内

沢スギ自然館 TEL:0765-72-1710
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、休日の翌日、12月28日~2月末日
開館時間 午前9時から午後5時まで
入館料 無料

所在地

下新川郡入善町吉原950

交通案内

あいの風富山鉄道・入善駅下車 タクシーで8分

『沢スギお助け隊』ご協力ありがとうございました!!

otasuke10

otasuke9

PHOTO コーナー

H26冬の沢スギ
撮影:荻野弘文さん

沢スギの動植物

沢スギでは貴重な動植物がたくさん見られます
森林浴をしながら動植物観察を楽しみましょう
【7月23日(火曜日)曇り】~ふるさと自然・歴史講座~
沢スギの特性と植物群、湧水に生息する生き物について受講生のみなさんと沢スギや周辺をめぐりながら学びました。
カブトムシや湧水に生息するトミヨ(魚)をたくさん発見しました!
右の写真はダイコンソウの花(※林内での動植物の採取は禁止です)

【7月20日(土曜日)晴れ】
ヒヨドリグサ(左)やトンボソウ(右)が群生しています。

「沢スギ」見学者の現地解説について

杉沢の沢スギではボランティアガイドによる林内の解説を実施しています。(要予約)
※解説希望日の2週間前までに、申込書にてFAX(教育委員会事務局:0765-74-2790)でお申込みください。
※一度に解説可能な人数は15名程度です。

お問い合わせ

教育委員会事務局男女共同参画・文化係

電話番号:0765-72-3858

ファクス番号:0765-74-2790

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?