文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 美術館 > 下山芸術の森発電所美術館 > 藤原隆洋_Somewhere

ここから本文です。

更新日:2020年3月22日

藤原隆洋 Somewhere

※この展覧会は、終了しております。

in_the_darkness_01

In the Darkness


 

企画・展示内容

このたび「入善町 下山芸術の森 発電所美術館」(以下、発電所美術館)では、 国内外の展覧会に多数参加し活躍する藤原隆洋(ふじわら・たかひろ)による現代美術展を開催いたします。 

藤原隆洋は、これまで観客参加型の大型立体作品やインスタレーションを中心に鑑賞者の感覚を刺激する、自由で独創的な造形方法による作品を発表してきました。

近年は、滝や霧などの自然や自然現象からインスピレーションを受けた作品を展開しています。その作風は、自然そのものを再現するのではなく、自然が織り成す美しさがどのようなメカニズムで造り出され、人は何に心動かされるのかを考察し、人為的なモノや現象に置き換え再構築させたものです。具体的な要素を削ぎ落とし抽出された自然現象のエッセンスは、無機質な物質による知的で美しい姿の「現象」へと変貌を遂げます
 
対象を取材することから始まり、イメージを造形化するまで幾度となく試行錯誤を繰り返すことによって生まれる作品は、観る者の感覚を刺激し、身の回りにある自然を普段とは違うかたちで見せてくれます。

本展は、新作インスタレーション「In the Darkness」と「Under the Surface」の2点をメインに構成します。当館大空間の暗闇に現れる、「In the Darkness」、ゆらぎ煌めく「Under the Surface」。彼の創り出す「現象」を通して、私たちはそれぞれの「時間」や「景色」に思いを巡らせ、ひとりひとりの場所「Somewhere」を見つける機会になるでしょう。知覚を揺さ振る藤原の新作にご期待ください。

会期

2019年10月19日(土曜日)~2020年3月22日(日曜日)

観覧時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会期中の休館日

月曜日(11月4日、1月13日、2月24日は除く)、
10月23日(水)、11月5日(火)、12月23日(月)~1月10日(金)、
1月14日(火)、2月12日(水)、2月25日(火)

入場料

一般:600円/高大生:300円/中学生以下無料
(10名以上は団体料金、一般:500円/高大生:200円)

主催

公益財団法人入善町文化振興財団

共催

北日本新聞社

後援

北日本放送、チューリップテレビ、富山テレビ放送

助成

公益財団法人花王芸術・科学財団


作家略歴

藤原隆洋(FUJIWARA, Takahiro)
1969年愛知県生まれ。
東京藝術大学大学院美術研究科修了。東京都在住。
近年は、主に自然の光景や現象をアイディア源に、知覚を刺激する「現象」をつくりだす作品を展開。

主な展覧会

「アミューズランド2004『ガリバー美術探検記』」(北海道立近代美術館、2003年)、
「こどもとおとなの美術入門『まる。』」(群馬県立近代美術館、2004年)、
「Nuit Blanche 2008」(トロント・イートンセンター/カナダ、2008年)
「六本木アートナイト」(六本木ヒルズ森タワー、2008年)、
「CAFKA 09」(キッチナー・シティーホール/カナダ、2009年)、
「蘇生する空間」(旧JRビル/甲府、2010年)、
「trance veil」(山梨県立美術館、2013年)
などに参加。

 


 

in_the_darkness_02

▲In the Darkness(別角度から)

in_the_darkness_03

▲In the Darkness(部分)

under_the_surface_01

▲Under the Surface(入口側から)

under_the_surface_02

▲Under the Surface(内部から)

お問い合わせ

町民会館 

電話番号:0765-72-1105

ファクス番号:0765-74-2515

発電所美術館

電話番号:0765-78-0621

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?