文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 美術館 > 下山芸術の森発電所美術館 > 中村哲也展「NEW・BALANCE」

ここから本文です。

更新日:2017年11月27日

中村哲也展「NEW・BALANCE」

※この展覧会は終了しました。

メインイメージ


 入善町下山芸術の森発電所美術館では、平成29年度夏季企画展として、長野県在住の現代美術作家・中村哲也(1968年千葉県生まれ)の個展を開催いたします。

東京藝術大学院美術研究科で漆芸を学んだ中村は、表面性に着目し、昆虫の標本や亀の剥製、捨てられたトロフィーなど既存の物質を素材として使い、物質の持つ意味性と装飾性を増幅させた作品を発表。
1998年より「スピード」と「改造」という現代社会を象徴するテーマをとりあげたジェット機のような彫刻作品「レプリカシリーズ」を展開し様々なジャンルに発表の場を広げていきます。同時に形状の持つ固有のメッセージ性に着目し、強いものをより強く、速いものをより速くみせる為のペイントパターンそのものを彫刻として自立させ、抽象的でありながら強いイメージの純粋立体作品を発表しています。
造形から塗装まで全て手作業で行われているにもかかわらず、それを感じさせないほど精緻な仕上がりは「速さ」「強さ」といった抽象的概念そのものの表現となり、モノの持つ形と表面性、それに喚起される人間の感情との関係を提示しています。

「NEW・BALANCE」と冠された本展で中村は新しい展開に挑戦します。
錆びついた導水管や巨大クレーン、発電用タービンや計器類が遺された産業遺跡を想わせる発電所美術館の独特な展示空間全体を使い、ロボット型をした奇妙な造形の彫刻作品や、朽ち果てそうに見える近未来的な彫刻作品を発表します。それらは危険な雰囲気を漂わせ力を誇示するモノ、見たこともない形状で未知の力を想像させるモノ…
会場各所に点在するようインスタレーション形式で配置されつつも、一体一体が独立して鑑賞できるクオリティを持つ濃厚な立体作品の集合体となります。
目まぐるしく変わる世界情勢や積み上げられた様々な難問を抱える現代、作家が何を考え、答えをどう導き出すのか。
均衡を保っているかに見える現代社会を象徴するかのような、力と力がぶつかり合う会場で「新しい均衡」を探る世界を是非ご覧ください。

会期

平成29年7月29日(土曜日)~11月26日(日曜日)

観覧時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分)

休館日

月曜日(祝日の9月18日と10月9日は開館)、9月19日(火曜日)、10月10日(火曜日)、11月24日(金曜日)

入場料

一般:600円/高大生:300円/中学生以下無料
(10名以上は団体料金、一般:400円/高大生:200円)

主催

公益財団法人入善町文化振興財団

共催

北日本新聞社

後援

チューリップテレビ

助成

公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団

協力

株式会社平和合金


 

※11月7日夕方より追加した最新作の作品

windom01

※以下、過去作品のご紹介。 

旧作1

▲独立した形体2016

旧作2

▲フランケン2014


  

お問い合わせ

町民会館 

電話番号:0765-72-1105

ファクス番号:0765-74-2515

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?