「にゅうぜん元気キッズまるごと健康応援プロジェクト」スタート式が開かれました

更新日:2021年02月01日

白壁の施設の中、テーブルのを囲んだ児童たちが先生や関係者が見守る中、赤いラベルの乳酸菌飲料を飲んでいる写真

黒東小学校で11月25日、「にゅうぜん元気キッズまるごと健康応援プロジェクト」のスタート式が開かれ、全校児童137人が乳酸菌飲料を飲用しました。

同プロジェクトは、児童生徒の健康づくりをサポートするため3年前からスタート。
乳酸菌飲料を定期的に飲用し、風邪やインフルエンザへの免疫力を高めて
冬期間を元気に過ごすことを目的としています。
対象は小中学校の児童生徒と保育所・幼稚園の年少以上の児童の計2398人。
アサヒ飲料北陸工場(若栗新)から提供(一部購入)を受けた乳酸菌飲料「L-92」を3月上旬まで飲用します。

式には、小川晋教育長のほか北陸工場の美濃垣国弘工場長が出席。
美濃垣工場長から飲料を手渡された児童代表の金沢結衣さん(6年)は
「L-92をしっかり飲んで風邪に負けない体をつくります」とあいさつしました。

画面左側の児童が画面右側の背広姿の男性から乳酸菌飲料1ケースを手渡されている写真
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか
このページの情報は見つけやすかったですか?