今年の入善ジャンボ西瓜初出荷

更新日:2021年02月01日

入善町マスコットキャラクター「ジャンボール三世」も見守る中、水色の法被を着た3人の男性が3つのスイカを断面を見せているジャンボ西瓜品質査定会の写真

町特産の入善ジャンボ西瓜の収穫に向けて、町ジャンボ西瓜生産組合(嶋先良昭組合長)は7月9日、町内の12組合員と試験栽培に取り組むチャレンジ農家らのほ場13ヶ所を回り、生育状況を確認しました。

7月17日にはJAみな穂中央農業倉庫で品質査定会が開かれ、初収穫した西瓜の大きさや糖度を確認しました。平均で縦41センチ、横28センチ、重さ約18キロ、糖度約12度と上々のできとなった今年のジャンボ西瓜は、今後全国に向けて約8千個が出荷される予定です。

ジャンボスイカを切り分ける男性と切られたスイカを味わっている男性の写真
畑で育ったジャンボスイカのサイズを測る男性の写真
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか
このページの情報は見つけやすかったですか?