文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > まち・環境・防災 > 環境 > 環境計画 > CO2 10000t削減プロジェクト事業中間報告 > 家庭部門

ここから本文です。

更新日:2014年9月30日

家庭部門

家庭部門 【中間報告1-(1)】

CO2 一万トン削減プロジェクト

a.CO210,000t削減実践プログラム・環境家計簿の配布

「CO210,000t削減実践プログラム・環境家計簿」は5月末に全戸配布され、環境フェアや出前講座の会場でも配布しました。また、下のリンクからもダウンロードすることができます。

この「CO210,000t削減実践プログラム」では、家庭から排出されるCO2を削減する生活・エコライフの推進や定着を目指すものです。また、「環境家計簿」では、実践プログラムでの削減の成果や光熱費の節約による家計への還元を確認することができます。

b.家庭モニターの実施

実践プログラムの効果や改善点の確認のために町内から家庭モニター50世帯を募集しました。モニター世帯には、7月~9月の期間に、配布した実践プログラムや各家庭独自の節約法によりCO2排出削減を目指しました。CO2排出量は、平成19年と平成20年の7月~9月の電気使用量の比較により調査しました。

3ヶ月のモニター調査の結果、CO2削減効果のあった世帯は50世帯中36世帯で、全体の72%にあたります。一月当りの削減量では、10~20kg-CO2に集中しました。

モニター世帯でのCO2排出量は、概ね削減傾向にありましたが、もともと節約に取り組んでいた家庭では削減量が少なく、場合によっては増えてしまうこともありました。

これらの結果を平均するとモニター世帯一月当り約12.5kg-CO2のCO2削減効果がありました。入善町全世帯(8,604世帯)に換算した場合、1年間で1,286.2t-CO2を削減したことなります。

モニターの結果からわかること

下の図は、モニター各世帯の電気使用量別(月平均600kWhを基準)に比較したものです。

一月当りの消費電力量別に一月当りのCO2削減量を見ると、600kWh以下の世帯(平均世帯人員数3.64人)は10~20kg-CO2に集中し、削減効果のあった世帯とそうでない世帯の割合は20時05分となり安定的にCO2が削減されています。

601kWh以上の世帯(平均世帯人員数5人)は満遍なく広がり、削減効果のあった世帯とそうでない世帯の割合は16時09分となり安定性では600kWh以下の世帯が上回りましたが、削減効果の大きい世帯は601kWh以上に集中しています。

中間報告へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

住民環境課生活環境係

電話番号:0765-72-1824

ファクス番号:0765-74-2364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?