文字サイズ
縮小
標準
拡大
色合い
標準
黄
青
黒
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
  • よくあるご質問
  • 組織案内

ホーム > 暮らし > 改元に伴う町の文書の取り扱いについて

ここから本文です。

更新日:2019年4月11日

改元に伴う町の文書の取り扱いについて

  平成31年4月1日に新元号「令和」が選定されたことにより、改元に伴う町の文書につきましては、次のとおり取り扱うこととなります。

町が作成・発出する文書

【4月30日まで】

  2019年4月30日までに作成・発出する文書は、改元日(2019年5月1日)以降の日付も「平成」を使用します。

【5月1日以降】

 2019年5月1日の改元以降は、「令和」を使用します。

 ただし、文書が大量で印刷し直すことができないなどの理由により、やむを得ず改元日以降の日の元号表記に「平成」を使用している場合もありますが、「平成」のままでも有効となりますので、新元号「令和」に読み替えていただきますようお願いします。

 町へ提出する届出書など

 届出書や申請書などにおいて、4月30日までに5月以降の日付を「令和」により表記しているものや、改元日以降に「平成」により記載されているものは、有効なものとして取り扱います。

  なお、お手持ちの様式などで「平成」と印刷されているものについては、可能な限り、手書きなどにより補正をお願いします。

  「平成」と表記された文書の効力

 現行の条例や規則などのほか、すでに施行した契約書、許可証、証明書などで改元日以降の日付を「平成」で表記しているものについては、改元後もその効力は変わることはありません。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務課総務係

電話番号:0765-72-2839

ファクス番号:0765-74-0067

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?