子ども医療費の助成

更新日:2021年02月02日

入善町では、子育て世帯の経済的負担を軽減し、安心して子どもを産み育てることができる環境づくりを推進するため、お子さんの医療費について次の通り助成しています。

(注意)平成31年4月から、助成対象年齢を「中学生」までから「18歳」までに拡大しました。

(注意)平成31年4月から、福祉医療費請求書(ピンクの用紙)の提出が不要になりました。

助成対象 町内に住所を有するお子さんで満18歳に達する日以後最初の3月31日まで
ただし、次のいずれかに該当するお子さんは対象となりません。
  • 就職により社会保険等の被保険者又は国民健康保険組合の組合員となっている。
  • 国民健康保険に加入している場合は、本人が世帯主である。
  • 婚姻したことがある。
助成方法 現物給付(医療機関等で保険証と受給資格証を提示してください。)
助成内容 保険診療の自己負担分
(現物給付の場合、医療機関窓口での支払いはありません。ただし、入院時の食事療養費などは除く)

 

現物給付のうけられる医療機関は、以下の通りです。

子どもの年齢 対象医療機関
0歳児(1歳の誕生月末日まで) 富山県内の医療機関
1歳~満18歳に達する日以後最初の3月31日まで 入善町、黒部市、朝日町の医療機関

(注意)その他の医療機関等で受診した場合は、償還払いとなります。

  • 「領収書(名前、点数、領収印のあるもの)」
  • 「印鑑」
  • 「振込を希望する保護者の口座の分かるもの」

を持って、役場の医療保険係に申請をしてください。

資格登録の申請

お子さんが出生や転入等された方は、資格登録が必要です。お子さんの健康保険証(後日提出でも構いません)、印鑑を持参のうえ、窓口で手続きをしてください。手続きが完了しましたら、受給資格証を交付します。
転入者で未就学児のお子さんがいる場合、所得課税証明書が必要になる場合があります。必要な方には別途ご案内します。

(注意)出生、転入等により住所を有することになった日から15日以内に申請してください。申請が遅れると出生、転入等の日から助成できない場合があります。

 

住所や健康保険に変更があったときは、手続きが必要です。

  必要なもの
他の市町村へ住所を移すとき 子ども医療費受給資格証
町内で住所を移したとき 子ども医療費受給資格証
健康保険に変更があったとき 印鑑、健康保険証

 

学校や部活動でけがなどをしたときは…

「日本スポーツ振興センター保険」を使った給付金の請求手続きをしてください。
この保険は、学校の管理下における児童の災害(負傷、疾病等)によるもので、費用額が5,000円以上のものが対象となり、費用額の10分の4が給付されます。この給付を受けた医療費は、子ども医療費助成の対象になりません。
医療機関による証明「医療等の状況」を持って、学校へ給付金の支払いを請求してください。

この記事に関するお問い合わせ先

保険福祉課 医療保険係
〒939-0693 富山県下新川郡入善町入膳3255

電話番号:0765-72-1850
ファックス:0765-74-0067

メールフォームによるお問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか
このページの情報は見つけやすかったですか?