国民健康保険税の年金天引(特別徴収)について

更新日:2021年02月01日

次の1~3のすべてに当てはまる世帯では、世帯主の年金から天引き(特別徴収)して保険税(2ヵ月分相当額)を納めていただくことになります。

  1. 世帯主が65~74歳で国保の加入者であること
  2. 世帯内で国保に加入している人全員が65~74歳までであること
  3. 特別徴収の対象となる年金の年額が18万円以上であり、国保税と介護保険料をあわせた額が、世帯主の年金額の2分の1を超えないこと

特別徴収の対象となる人は、7月、8月、9月が普通徴収(これまで通り納付書や口座振替での納付)、10月以降は年金支払い月(10月、12月、2月)に特別徴収となります。

普通徴収の方

→7月、8月、9月、10月、11月、12月、1月、2月(普通徴収)

年金特徴が開始する方

→7月、8月、9月(普通徴収)

→10月、12月、2月(特別徴収)

すでに年金特徴が開始している方

→4月、6月、8月、10月、12月、2月(特別徴収)

(注意)

・(普通徴収)は(口座引落としまたは納付書で納付)
・(特別徴収)は(年金から天引きで納付)

この記事に関するお問い合わせ先

税務課 住民税係
〒939-0693 富山県下新川郡入善町入膳3255

電話番号:0765-72-1835
ファックス:0765-74-0067

メールフォームによるお問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか
このページの情報は見つけやすかったですか?