じょうべのま遺跡

更新日:2021年02月01日

真っ青な空と富山湾を背景とした緑色の田んぼの間に、面長の屋根の建物と数本の通路が見える、広い芝の敷地がある写真

昭和45年圃場整備にともない発掘調査が行われ、17回にわたり調査がなされた。昭和54年5月14日国指定の史跡となり永久に保存されることになり、町で史跡公園として整備し、平成2年4月から一般公開している。年代は、二期に分かれており、1つは、平安時代の前期・いま1つは、鎌倉時代前期である。平安時代のものでは、10数棟の建物跡・柱穴から多くの遺物が出土している。須恵器・土師器等の中には、墨書土器・木筒等が発見され、荘園の荘所跡ではないかと推定されている。また鎌倉時代のものとして7棟の堀立柱の建物跡・珠洲焼・土師質土器及び中国製の青・白磁の遺物が出土している。東大寺領入善庄が成立している期でもあり深く関連しているのではと考えられている。

施設情報

施設情報一覧
利用案内 利用時間は自由
入場料 無料
(注意)火は使用しないでください。
所在地 下新川郡入善町田中790
交通案内 あいの風富山鉄道北陸線入善駅下車 タクシーで5分
駐車場 10台

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 男女共同参画・文化係
〒939-0693 富山県下新川郡入善町入膳3255

電話番号:0765-72-3858
ファックス:0765-74-2790

メールフォームによるお問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか
このページの情報は見つけやすかったですか?